内蔵・その他

リウマチ

リウマチとは?

一般病理学によると

ウイルス感染が引き金になって免疫異常を起こし、体内の正常な細胞や組織を異物とみなして、自分自身を攻撃してしまう「自己免疫疾患」が原因だと考えられています。
しかし、はっきりした原因は分かっていないのが現状です。

男性より女性の方が多く、発症年齢は幅広く、特に30~50歳代に多くみられます。
関節リウマチにかかると、関節に腫脹や変形が起こり動かしにくくなる為、朝起きるのが非常に辛くなり、発熱、疲労感、食欲不振、体重の減少等の全身症状を伴います。
手首の関節、指の付け根の関節、指の第2関節等に、対象性の関節の腫れが見られるのが特徴です。

やすらぎでは

リウマチの原因は筋肉の極端な疲労によるものと考えます。

指の末端などは、頻繁に使う上に筋肉が弱いので、非常に疲労が溜まりやすく、その為に他の部位より症状が出やすいと考えます。
筋肉の極端な疲労の為に、脳から筋肉へ「固くなって身を守れ!」という異常指令がおこり、それにより筋肉の強直が始まって、手指の変形が起こるものと考えています。
よって、疲労による筋肉の緊張を解消してやり、当療法の自律神経に働きかける手法で、脳の異常指令を解除させる事により、症状の進行を抑え、徐々に元の状態へ自然回復しようとする働きを助けます。
 

PAGE TOP