内蔵・その他

睡眠障害

睡眠障害

一般病理学によると

ストレスや精神障害、内疾患、環境の変化、薬の副作用等によって睡眠時間が短くなり、それが習慣化したものとされています。
・入眠障害(寝つきが悪い)
・熟眠障害(眠りが浅い)
・中途覚醒(途中で目が覚める)
・早朝覚醒(朝早く目が覚める)
の4種に分類されています。

やすらぎでは

不眠症の原因はさまざまありますが、その多くは体の緊張が関係して起こっていると考えています。
緊張を解消することで、不眠が劇的に改善する例が数多く報告されています。
 

PAGE TOP